ミラクル☆ヤング   〜風街ロマン編〜

大人の課外活動としてバンド活動が始まるかもしれません。今は全く想像つきません。しかも2つ掛け持ちします。たぶん。おそらく。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
終わらない歌を歌おう
すっかりBlogもご無沙汰しておりましたが・・・
とりあえず生きてますよう!
日本が大好きな某はりうっどすたーのせいで死にかけましたが
今はとりあえず大丈夫です☆

さて。
日曜日、ずっと前から見たかった「リンダ・リンダ・リンダ」を見ました。

いいなー、こうゆう高校生活。
文化祭のクライマックスに、体育館で軽音部が演奏する、って事とか
私の高校時代とモロかぶりで、思い出がフラッシュバックして
TVの前で高校時代に戻った気分になりましたよ。
いいや、戻ってましたよ!確実に!!

私らの高校ではバンド活動がさかんで
(ライブハウスで企画をやり、市外からも客が来るような感じだった)
特にブルーハーツは校歌と言っていいほど定番化してたので
懐かしくなったのはそのせいかもしれません。
嗚呼、体育館で汗だくになって見た菅先輩(仮名)の
「雨上がりの夜空に」やイトーさん(仮名)のピストルズ、
そして後輩・芳賀くん(仮名)の「アナーキーin the UK」は
今考えてもウットリする位素敵だったわ・・・(個人的な思い出話でスマン)。

そして。その映画のクライマックスで流れた
「終わらない歌」(思春期の時に覚えた歌って忘れないんだにゃー)
のこの1節を聞いて泣きそうになってしまった。

「ホントの瞬間はいつも死ぬほど怖いものだから
逃げ出したくなった事は今まで何度でもあった」


そうか。そうか。今回はさすがに逃げ出したくなったけど
あれは“ホントの瞬間”だからしょうがないのかー。よかったーー。

つうかさぁ。三十路を前にブルーハーツで感動する私って!
いつまで思春期やねん!!


#全然関係ないですが、中一の時、
クラスメイトの林田君(少年隊のヒガシ似/野球少年)の事を
「リンダ・リンダ君」と呼んでいたら非常に嫌がられました。
ちょっと・・・好きだったのに・・・。


どうか愛の意味を教えて下さい。


| DVD | 17:19 | comments(2) | trackbacks(0) |
悲しくて悲しくて とてもやりきれない
私の生まれ育った街は、製鉄業で有名な工業地帯で
炭鉱で働いていた人も多く住んでいた街だった。

とはいえ、私の実家自体は、それなりに裕福な人達ばかりが住む
新興住宅地にあり、クラスメイトにヤンキーな人はいたものの
普通の、ごく平均的な環境で平凡な小・中学生時代をすごした。

高校生になった時。
バス停で、チョゴリ姿の人を見かけた。
駅の近所に朝鮮学校があるのを知ったのはそん時だ。
ほとんど生まれた時からその駅を利用していたのに
それまで知らなかった。
私が在学中に、チョゴリを切る通り魔なんてゆう
とても恥ずかしい事件が起こったのだけど、
彼女達はチョゴリを着ることを止めなかった。
その民族性というか何というか、を理解するのは
もっとずっと最近のこと。

で。昨日というか今朝、ずっと見たかった「パッチギ!」をやっと見る。
朝6時から声をあげてわんわん泣いたよ。
忘れてた記憶を沢山思い出した。

塩谷君はちょっと峯田君に似てるなー。
物言いたげな大きな目とか、厚ぼったい唇とか。

「イムジン河」をでっかい声で歌いたいなぁ
| DVD | 14:52 | comments(2) | trackbacks(0) |
春咲小紅
人生で何度目か知れない「ひみつの花園」(矢口史靖監督)を見た。

この映画に出てる西田尚美はかっわいーなー。
そして、西田尚美に振り回される利重剛は本当に素敵だにゃー。
メガネで痩せっぽっちで頼りなくてちゃらんぽらんで女にだらしなくて、
でもとっても優しそうな顔してて。
個人的には、この利重剛は完璧だ。正直、完全にタイプだ。
この方が元プリ●リのキーボードの人と同棲してる、と聞いた時は
呑み会の途中でトイレに駆け込んでヒッソリ慟哭した位好きだ。
(後に彼らは結婚したけどね)

この映画をニヤニヤしながら見てる私の姿は、
客観的に言ってかなり不気味だったと思う。
でも利重剛が出てなくても、この映画は面白いですよ。
後の「ウォーターボーイズ」なんかにも通じる矢口エッセンスが
全部詰まってて、見たら必ず元気が出ますよ。

お金、欲しい
| DVD | 21:38 | comments(0) | trackbacks(0) |
天使が舞い降りた作品(by青山真治)
素敵なP社のN村さんから、「スクール・オブ・ロック」の
DVDが届きました!(ありがとう!N村さん!!)

でも社内で見てない人がいるので速攻貸した・・・。

これで我が家には
「ハイ・フィデリティ」「オレンジ・カウンティ」「スクール・オブ・ロック」という
ジャック・ブラック大先生主演のロック映画3大DVDが全て揃った。
ちゅうか、逆に言うと、この3本を見れば“ロック”と“ジャック”が分かる。はず。
見たい方は無料でレンタルしますぜ。

| DVD | 12:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
ロッケンロール!(by内田ユーヤ)


雨の中を吉祥寺へ散歩。

・傘を買う(何故か折りたたみしか持ってなかった)
・マンガを買う
・小説を買う
・宇多田ヒカルのベストを買う(好き!だけど飽きそう)
・マッドカプセルマーケッツのシングルを買う(かっちょいい!)
・「ハイ・フィデリティ」のDVDを買う(ジャック大先生!!)(でもホントは原作のが好き)

マッドカプセルマーケッツとか普段あんま聞かないんですが(汗)
今は彼らのようにロッキンな感じが自分に丁度いいらしい。
| DVD | 17:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
▼ 新着記事
▼ 最近のコメント
▼ 最近のトラックバック
▼ カテゴリー
▼ アーカイブ
▼ リンク
▼ プロフィール
  • RSS1.0
  • Powered by "JUGEM"
  • このページの先頭へ