ミラクル☆ヤング   〜風街ロマン編〜

大人の課外活動としてバンド活動が始まるかもしれません。今は全く想像つきません。しかも2つ掛け持ちします。たぶん。おそらく。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
楳図せんせいの化粧ポーチ
両方ともちょう可愛い★「猫目小僧」のんが欲しいなー!



http://natalie.mu/comic/news/show/id/21845


| comic | 16:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
処方箋2
今週はひさしぶしに(仕事が)ゆっくりとしておりますので
漫画を購入しすぎで困ってます(私の財布が)。

【購入した漫画リスト】------------------
■金魚のうろこ/鴨居まさね
■サプリ(5)/おかざき真理
■さすらい屋五葉(1)(2)/オノナツメ
■アカイチゴシロイチゴ/宇仁田ゆみ
■しゃにむにGO!(惰性で・・・)/羅川まりも
■平成酔っ払い研究所(2冊目・・・)/二宮和子
------------------------------------------

鴨居まさねさんが田辺聖子さんを原作にしたことは
非常に納得し興味深いと思いました。
鴨居さんの持ち味である「ファンタジー」と「リアル」の混合が
田辺さんと匙加減が似ている事に初めて気がつきました。

あと、先週の話ですが、モーニングで
よしながふみさんの新連載が始まったのが嬉しかった。
しかも「ご飯もの」って!
よしながさんの漫画を読んで、辛抱たまらず食べに行った
阿佐ヶ谷の某店はちょう美味で至福過ぎでした。
また行きたいーー(私信)。
ちなみに、よしながさんの「大奥」は最高です。
SF漫画は女性が描いた方が面白いのは何ででしょう・・・。
| comic | 20:13 | comments(2) | trackbacks(1) |
女ひっかけるフックは沢山あるくせに、女を楽にしない男
第二回目ですがTVドラマ「サプリ」を見ました。

あまり知られてない事ですが「サプリ」は元々漫画で
「働きマン」(安野モヨコ)と共に20代後半戦の働く人必見の
漫画だと私は思っています。
「働きマン」よりも「サプリ」の方が自分にとってはリアルだし
特にステキなセリフが沢山あって
(作者が広告代理店出身だからか?)
「努力が評価されるのは義務教育まで!」とか
「女の子の仕事はしなやかに!」とか
辛い時に自分にも何度も言い聞かせたりするセリフが多いです。
んで、そこがとても好きな理由です。

しかし。だが、しかしですよ!

漫画では、平野さん(40すぎのベテラン女性社員)が言うとても重要なセリフが、
TVでは30歳直前の荻さまのセリフにすり替えられていて
「オメーみてーな若造が何が分かる!!」と
思わずTVにひとりツッコミしちゃいましたよ。
んー・・・こうゆうセリフのひとつヒトツをおろそかにする事で
物語のリアリティが失われていく事に何で気がつかんかね、製作者は。

という訳で、このドラマはもう見ない事に決定。
本当の理由は、物語より主役が演技下手すぎで
見てられないからだけどね!
びじんさんなのに本当に惜しいなぁあ!!
(私はびじんさん好きです)
| comic | 13:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
理想の総理大臣
10年ぐらい前、当時仲良くしてもらっていた人に
ヨシイエ童話 世直し源さん(業田良家)」という漫画を貸してもらいました。

こないだ本屋に行ったら文庫になっていたので
懐かしくなって即お買い上げ。
政治を取り扱っているのに、全く古臭くなってない事に驚きました。
逆に言うと、政治の世界は10年前から進化してないってことか?
政治にはすっかり疎くなってしまったから、よく分からないけど。

この漫画に描いてるように、国会議員は国費から
2億円の予算(当時は落合の年俸を基準に源さんが決定。今は松井?)
もらって、政治献金は一切廃止すればええのに、と思う。
ホントにホントにいいと思うんだけどなぁあ!←本気

しかし、この本には大好きだった「ラブ教」が入ってないのが
残念でしょうがないっす。
「ラブ教」とは「ラブがないと生きてゆけない、という考え自体が宗教である」
ということを伝えてくれた漫画です。
私は未だにそこを取り違えては自爆しますが。

ちなみに。
当時、私にこの漫画を貸してくれた人(大学院生)は
「俺は君のヒモになりたい。だから給料がいい看護婦になってくれ」
と言いましたからね。ええ、付き合っても無いのに。
私は某製造業でチマチマ働いていたのに。
しかし、「ヒモになりたい」と本気で言われたのは
この時だけです。嗚呼、それすらも懐かしい。
| comic | 00:03 | comments(0) | trackbacks(3) |
おしまいから始めよう
誰かに「よしもとよしとも好きなら、これも好きだよ」と薦められて
でも読んで全く面白くなかった『素晴らしい世界』。
それだけで浅野にいおという漫画家を拒絶してたのだが、
でも、この本は久しぶりに面白かった。

『ソラニン』浅野にいお


都会で暮らす20代中盤戦の若者たちが抱える
空虚さや漠然とした不安感が上手く描かれてます。
少なくとも“今の自分”にとっては全くリアルじゃないけど
“5年以上前の自分”(=東京から一旦福岡に引き上げた頃の自分)
にとってはリアルな感覚でした。

ストーリーを簡単に言うと、学生時代から付き合ってる
男の子と女の子の話。2人は同棲して約1年。
バンドや就職というキーワード、そして東京という場所で
笑い/泣き/普通に暮らす話です。
あー!上手く言えないぃぃい。気になった人は読んでみて下さい。

あと、今日は「FEEL(漫画雑誌)」の最新号を購入。
「モンパト」の最終回より、「サプリ」の新展開のが気になった。
因みに最近読んでる漫画は「ピアノの森」です。


◆今日のキーワード
男側が作るストーリーは、女側と感覚がズレている(by.サプリ)
| comic | 16:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
▼ 新着記事
▼ 最近のコメント
▼ 最近のトラックバック
▼ カテゴリー
▼ アーカイブ
▼ リンク
▼ プロフィール
  • RSS1.0
  • Powered by "JUGEM"
  • このページの先頭へ